母子父子寡婦福祉資金貸付について

ページ番号1000937  更新日 平成30年11月17日

印刷 大きな文字で印刷

母子、父子、寡婦の経済的自立に向けた助成を行うことにより、その家庭の福祉を増進するため、母、父またはその児童に対し必要な資金を貸し付ける制度で三重県において実施しています。
平成26年10月から父子についても、その対象が拡大されました。

母子父子寡婦福祉資金の相談は、児童福祉課で行っています。

対象:20歳未満の児童を育てている母子家庭の母、父子家庭の父、配偶者のいない女子として20歳未満の児童を扶養したことがある方であって40歳以上の配偶者のいない女子。

貸付金の種類:就学支度資金、修学資金、転宅資金、事業開始資金など

※貸付限度額や貸付期間、償還期限、利率などは、貸付金の種類によって異なります。

このページに関するお問い合わせ

健康こども部 児童福祉課 [いなべ市役所]
電話:0594-86-7821 ファクス:0594-86-7864
〒511-0498 三重県いなべ市北勢町阿下喜31番地