いなべ市パートナーシップ宣誓制度

ページ番号1009654  更新日 令和2年7月1日

印刷 大きな文字で印刷

いなべ市パートナーシップ宣誓制度

いなべ市レインボーフラッグ

 いなべ市では、性的少数者の方の自分らしい生き方を後押しするとともに、性の多様性に関する社会的な理解を促進し、市民一人ひとりがかけがいのない個人として尊重され、お互いの人権を認め合う社会の実現を目指し、「いなべ市性の多様性を認め合う社会を実現するための条例」を制定し、令和2年7月から「いなべ市パートナーシップ宣誓制度」を開始しました。

いなべ市パートナーシップ宣誓制度とは

 現行の法制度では、婚姻が認められない性的マイノリティの方お二人が、お互いを人生のパートナーとして継続的に共同生活を行っている又は、共同生活を行うことを約した関係であることを宣誓し、いなべ市がその宣誓を公的に証明するものです。

宣誓要件

下記の要件をすべて満たす必要があります。

  1. 成年に達していること
  2. いなべ市民であること、又は転入予定であること
  3. 配偶者がいないこと
  4. 宣誓者以外の方とパートナーシップの関係にないこと
  5. 宣誓者同士の関係が近親者でないこと

必要書類

  1. パートナーシップ宣誓書(様式第1号)
  2. 現住所を確認できるもの(住民票、転入予定の方は前の住所地で発行された転出証明書など)
  3. 独身であることを証明する書類(戸籍抄本等)
  4. 本人確認ができるもの(マイナンバーカード、パスポート、運転免許証など)

※上記以外に市長が必要と認める書類の提出を求めることがあります。

パートナーシップ登録証明書交付までの流れ

  1. 事前に人権福祉課へ電話予約し、宣誓日時などを調整します。
  2. 調整した日時に宣誓者2人で来庁し、宣誓書を必要書類を添えて、提出します。
  3. 宣誓内容を確認し、内容が適切な場合は、おおむね1週間程度で、パートナーシップ登録証明書を交付します。

このページに関するお問い合わせ

福祉部 人権福祉課 [いなべ市役所]
電話:0594-86-7815 ファクス:0594-86-7865
〒511-0498 三重県いなべ市北勢町阿下喜31番地
いなべ市役所へのご意見・ご感想