木造住宅耐震補強等事業費補助制度について

ページ番号1007395  更新日 令和4年6月11日

印刷 大きな文字で印刷

大地震への備えは大丈夫ですか?

いなべ市では、耐震化の促進のため、市内にある旧基準木造住宅を対象にした補助制度があります。耐震化を検討中の方は、是非活用してください。

1.木造住宅無料耐震診断

市が建築専門家に委託して、訪問調査で診断し結果をお知らせします。

対象となる住宅(旧基準木造住宅)

  • 昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅
  • 階数が3階以下の住宅
  • 延床面積の2分の1以上が居住の用に供されている住宅

※ ただし、丸太組工法(ログハウス)やプレハブ工法等の住宅は対象となりません

申込方法

下記添付ファイル「いなべ市耐震診断等実施申込書」に必要事項を記入し、建築時期がわかる書類を添付のうえ、住宅課へご提出ください。

2.木造住宅耐震補強設計費補助制度

木造住宅耐震診断の結果、三重県木造住宅耐震診断マニュアル等の評点が1.0未満と診断された住宅の評点を1.0以上にする耐震補強設計に要する費用を補助する制度で、最大18万円まで補助されます。

評点が0.7未満と診断された住宅の場合、次の木造住宅補強工事費補助制度も受けることができます。

3.木造住宅耐震補強工事費補助制度

木造住宅耐震診断の結果、三重県木造住宅耐震診断マニュアル等の評点が0.7未満と診断された住宅の評点を1.0以上にする補強工事に要した費用を補助する制度で、最大100万円まで補助されます。

耐震補強工事と併せてリフォーム工事を行う場合には、リフォームに要した費用のうち最大20万円まで補助されます。(一部対象とならないリフォーム工事もあります)

※2 補強設計、3 補強工事の補助制度を申請される場合は、業者等との契約前に、必ず住宅課へお問い合わせください。(契約後の申請は受付けできません)
いずれの補助制度も、期限は5月初旬から12月中旬までです(予定戸数になり次第締め切りとさせていただきます)。

耐震改修(耐震補強)を行った住宅について税の優遇措置(所得税・固定資産税)があります。
詳しくは下記添付ファイル「耐震改修促進税制の概要について」及び「耐震改修工事を行った住宅に対する固定資産税の減額について」をご覧ください。

4.耐震性のない木造空き家除却工事費補助制度

木造住宅耐震診断の結果、三重県木造住宅耐震診断マニュアル等の評点が0.7未満と診断された空き家の除却工事費を補助する制度で、最大20万7千円まで補助されます。

申込方法

詳細については事前にお問い合わせください。(業者と契約後の申請は受付できません)

申請書

いなべ市耐震診断等実施申込書

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

都市整備部 住宅課 [いなべ市役所]
電話:0594-86-7809 ファクス:0594-86-7870
〒511-0498 三重県いなべ市北勢町阿下喜31番地
いなべ市役所へのご意見・ご感想