不妊治療費の助成について

ページ番号1007472  更新日 令和4年6月9日

印刷 大きな文字で印刷

令和4年度いなべ市不妊治療費助成事業について

(一般不妊治療・特定不妊治療とも)

 令和4年度から不妊治療が保険適用になり、現在のいなべ市不妊治療費助成事業は経過措置分を除き令和3年度末で終了となりました。年度またぎの治療についての経過措置は以下の通りとなります。

助成対象となる治療

*保険適用化に伴う経過措置として、令和4年3月31日以前に治療を開始した「治療方法A、B、D、E、F」のいずれかの治療で、令和4年4月1日から令和5年3月31日までの間に終了した治療

*令和4年3月31日以前に実施した体外受精または顕微授精により作られた胚を移植する「治療方法C」の治療で、令和4年4月1日から令和5年3月31日までの間に終了した治療

助成回数

1回

※令和3年度の上限回数の残りが2回以上あっても、本制度の助成回数は1回限りとなります。

助成額

助成額は、令和3年度までと同様の額となります。

その他

助成対象者等、その他条件についても、令和3年度までの助成制度の内容と同様です。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康こども部 健康推進課 [いなべ市役所]
電話:0594-86-7824 ファクス:0594-86-7864
〒511-0498 三重県いなべ市北勢町阿下喜31番地